top of page
検索

量子技術を活用した人流の最適化により災害時の被害を抑制 -エネルギー分野における量子技術活用を共同検討-

量子技術を活用した人流の最適化により災害時の被害を抑制

~エネルギー分野における量子技術活用を共同検討~


九州電力株式会社、住友商事株式会社、住友商事九州株式会社(以下、3社)は、将来の量子技術活用の共同検討を開始しました。 量子技術は、2040年に世界で約100兆円規模の価値創出が予測されており、活用先として特に期待されている安全・安心なまちづくりや、エネルギー分野などの社会課題を解決するユースケースを日本から生み出すべく、3社で共同検討を進めます。第一弾として、災害発生時にリアルタイムで近隣住民に対して最適な避難経路を計算・提供する方法を検討します。


住友商事が培ってきた量子技術の知見を活かし、地域住民の最適な避難経路計算に量子技術を適用することを検討します。3社は、本検討を通じ、地域の社会課題を解決し、安全・安心なまちづくりに貢献します。さらに今後は、電力市場における需要予測や、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーの出力予測への量子技術の活用も検討していきます。量子技術の社会実装活動をさらに加速させ、デジタルの力を活用した社会課題解決に取り組みます。


詳細は、以下 当社HPをご覧ください!



閲覧数:106回

Comments


Category
Archive
​Tag
bottom of page